<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【相撲界野球賭博】時津風親方も賭博認める 警視庁聴取(産経新聞)

 大相撲の野球賭博問題で、時津風親方(元幕内時津海、本名・坂本正博)が警視庁組織犯罪対策3課の任意の事情聴取を受け、賭博への関与を認めていたことが18日、捜査関係者の話で分かった。時津風親方は日本相撲協会に対し、野球賭博へ関与したことを認める上申書も提出していたという。

 野球賭博は主に暴力団が胴元とされることから、警視庁は角界と暴力団の不透明な関係について実態解明を急ぐ。

 日本相撲協会が全協会員を対象とした賭博の実態調査では、計29人が野球賭博への関与を自己申告。協会は琴光喜関以外の力士らの名前は公表していないが、幕内の豊響関(本名・門元隆太)と豪栄道関(本名・沢井豪太郎)が自己申告していたことも新たに判明した。

 角界の野球賭博をめぐり、警視庁はこれまで、大関琴光喜関(本名・田宮啓司)、大嶽親方(元関脇貴闘力、本名・納谷忠茂)らから任意で事情聴取を行っており、ともに賭博への関与を認めている。また、賭博に絡んで琴光喜関から現金約300万円を脅し取ったとして、恐喝容疑で元暴力団組員とみられる男を立件する方針を固めている。

 警視庁の事情聴取を受けた時津風親方は、大嶽親方とともに、琴光喜関から賭博に絡む恐喝被害の相談を受けていたという。

【関連記事】
時津風親方、ギャンブル好きの横顔も 相撲界野球賭博
相撲協会あたふた 賭博調査に主体性なく
野球賭博汚染拡大 場所返上でウミ出し切れ
1人で5時間電話も…苦情や抗議、相撲協会に殺到
「大相撲は存亡の危機」鈴木文科副大臣 野球賭博問題で
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

配偶者控除、廃止先送りも=子ども手当据え置きなら―玄葉担当相(時事通信)
中退見落とし採用、でもOK…粋な青森の町役場(読売新聞)
ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-06-19 03:02

鳩山路線の継承強調 菅新代表の「政見演説」と当選あいさつ(産経新聞)

◆政見演説

 まず、今日のこの民主党政権誕生まで、この党を率いていただいた歴代代表、幹事長、特に鳩山(由紀夫)代表、小沢(一郎)幹事長の指導力があったからこそ私たちが今、政権の場にいる。このことを皆さんとともに心から感謝を申し上げたいと思います。どうも、ありがとうございました。

【鳩山路線の継承】

 今日9時から最後の閣議があった。その席で鳩山首相から小さなメモをいただいた。記念になると思い名前も書いてもらった。「日米、日中、日韓をよろしくお願い申し上げます」と書いてあった。

 首相は閣僚がどういう立場になろうとも引き継いでほしいという趣旨の話をされ、(1)地域主権(2)新しい公共(3)東アジア共同体と(4)地球温暖化対策の25%削減の目標の実現−4点のお話をいただいた。私はまずこの4点を私自身の目標として、全力をあげて取り組むことを皆様の前でお約束させていただきます。

【政治遍歴】

 民主党には、大変新しい仲間が増えているので自己紹介させていただきたい。

 私が社会に出て初めて本格的な政治活動に携わったのは、1974(昭和49)年、政治浄化の活動を長年続けておられた故市川房枝先生の参院選挙の選挙事務長を務めたことでありました。当初は無所属、社会市民連合、さらに社民連という小さな政党で立候補を重ね、見事に3度落選させていただきました。

 1980(昭和55)年に初めて当選させていただいた。小さな政党であっただけに、とにかく自分自身で何かやらなければ何も進まない。当時の社会党、大きいなあ、公明党、大きいなあ、民社党も大きいなあと本当にうらやましかった。おかげで質問主意書とか、いろいろな活用も身につけることができました。

 新党さきがけという党に参加をし、1996(平成8)年に期せずして厚生大臣を拝命し、薬害エイズの問題で一定の解決に導くことができました。

 その後、鳩山代表とともに1996(同8)年に旧民主党を立ち上げ、98(同10)年に現在の民主党、さらには2003(同15)年、当時の小沢党首率いる自由党との合併にも、代表や幹事長の立場でかかわった。

 何としても、この政党が今、抱えている日本のこの行き詰まりを打破する、そうした政党としての政権としての活動をもう一度、鳩山首相の志を、バトンを継いでがんばりたい。がんばらせていただきたい、と立候補した。どうぞ宜しくお願いいたします。

【政治とカネ】

 まずやるべきことは、国民の皆さんから信頼をいただく、回復する。多くのことがありますが、やはり政治とカネの問題の一つのけじめを、鳩山首相が付けていただいたが、しかしこの問題は全議員、全党員にかかわる問題であり、まさに襟を正していかなければならない。

 企業献金の禁止などの制度の問題もありますが、自分の心に問うて、私も100%真っ白というところまで自信はありませんが、できるだけ、できるだけ個人個人の皆さんからの浄財で政治活動を続けるという気持ちで全力をあげてやってきたから、その苦しさも分かっております。そのことをしっかりと皆さんとともに行うことで、国民の皆さんの信頼を回復すること、これがまず第一のやらなければならないことだと思っております。

【社会保障の再構築】

 第2には、この20年間、日本の経済、社会はどんどん行き詰まっております。まさに成長は止まり、そして自殺は3万人台が続き、若い人もなかなか仕事に就けない。社会保障もますます不安になる。なぜなのか。これは自然現象ではありません。まさに政策の間違いです。強い経済、強い財政、強い社会保障というのは一体として実現できる。このことを詳しく言うと時間が切れそうなので、この実現のために皆さんとともに頑張りたい。

【外交】

 なお、私についてあまり外交的な発言が少ないですねとおっしゃる方もいる。一つだけ私の思いを語りますと、学生時代に永井陽之助という国際学者の「平和の代償」という本を読みました。

 その後、東工大に来られて私も親しくなりました。当時、現実主義者といわれて中央公論を中心に何人かの政治家が、国際政治学者が論陣を張っていました。私はそういう皆さんの論文を多く読む中から、外交というのはまず国民自身が自らの責任を、自らの覚悟を、どれだけもっているかによってその強さが決まると。これは鳩山代表が一昨日言われたこととも共通すると思っております。

 そういう意味で今、わが国は北朝鮮の問題をはじめ多くの課題を抱えておりますが、国民の皆さんの責任と覚悟を、しっかりと私たちがその模範になるように、そうした中で外交も進めていきたい。日米基軸、そしてアジアの発展につなげていきたい。

【政調復活】

 最後に民主党代表として2つのことをやりたい(時間切れの合図)。1つだけにします。みんなが参加できる民主党にする、そのためには政調をぜひご相談の上、復活したい。このことをやっていきたいのであれば、どうぞ皆さんのご支持をよろしくお願い申し上げ、あいさつといたします。どうぞ宜しくお願いします。ありがとうございました。 

◆当選あいさつ

 まず私からノーサイドの宣言をさせていただきたいと思います。樽床(伸二)さんに投票され応援された方も、私に投票いただいた方もこれからは、まさに一体となって、今の難しい政治、そして目の前に迫っている参院選挙に一致結束して戦い抜く、そのノーサイドの宣言をしたいと思いますが、いかがでしょうか。

 先ほどのあいさつで(党代表としてやりたいことが)2つ、といって(1つしか挙げなかったので)『言わなかったことは何ですか』と聞かれたもんですから。やはり、私たちは政権を預かっている。代表はこの後の指名、国会の決議(首相指名選挙)で、総理大臣という重責をになわなければならない。その意味で民主党代表の役割の一つは内閣総理大臣として、この国を立て直すことが第一の仕事だ。

 同時に先ほど申し上げたように、民主党の全員が「おれたちも一緒にやっているんだ」と自信を持って言える全員参加の党にしていきたいという、この2つのことを申し上げたかったわけであります。まだ、国会開催中であり、多くの重要法案がまだ審議中であることと同時に、参院選を前にして、財政の問題やマニフェストの問題など全党的な議論、検討が進んでいるわけであります。

 そういった意味で、私は、まずはこの参議院選挙に向けて、しっかりとした政策あるいは日本の立て直しの案を、このマニフェストの案とともに、皆さんと一緒になってつくりあげ、今公認されている、すべての参議院候補全員に、皆さん一人一人が、まさに当事者である方はもちろんいうまでもありませんけども、自分の選挙の番ではない参院議員、さらに衆院議員も自らの選挙のときと勝るとも劣らない活動を、私自身先頭に立つ覚悟でありますので、みなさん一人一人にもその覚悟で臨んでいただきたい。

 そして、鳩山内閣のあと、鳩山総理の思いを、参議選挙勝利の中で実現できる、本格政権をともに築いていきたい。ありがとうございました。(了)

【関連記事】
「移転反対訴え続ける」 普天間問題で徳之島3町
樽床氏129票の大善戦 知名度アップでウハウハ
菅首相誕生 東京選出首相は鳩山一郎氏以来
菅氏、異例の市民運動出身 O157、薬害エイズで行動力
菅氏、小沢流決別「国を立て直す」 声詰まらせる場面も

民主岩手県連大会、小沢氏は欠席の方向(読売新聞)
「公訴時効見直し仕上げた」 千葉法相、死刑ゼロに「議論起こせず、反省」も(産経新聞)
スーパーカブなどに不具合、ホンダがリコール(読売新聞)
雑記帳 「蚕飼育キット」発売…家庭で繭作り観察を 京都(毎日新聞)
<野党4党>議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-06-08 11:27