<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<神戸ポートタワー>改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)

 ミナト神戸のシンボル「神戸ポートタワー」(神戸市中央区)の改修工事が昨年11月から進んでいる。現在は地上から約3分の2の高さまでが作業用ネットに覆われ、外観の一部しか望めないが、タワーを所有する神戸港振興協会は「生まれ変わるポートタワーを楽しみにしてほしい」と話している。3月下旬ごろリニューアルの予定。

 同タワーは高さ108メートル。改修は、青色や黄色などに光る発光ダイオード(LED)約4000個を設置し、イベントごとに違ったイメージで照らす▽展望5階の天井に光ファイバーケーブルを使ったプラネタリウムを設置する▽同1階の床を強化ガラスにする−−など。1963年11月の完成以降、内部の改装を含めた大規模な改修工事は今回が初めてという。【高山梓】

<列車事故>特急とトラック衝突 乗客ら24人けが 北海道(毎日新聞)
安保50周年 共同声明 米が格下げ要請 「普天間」の影響避ける(産経新聞)
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件−兵庫県警(時事通信)
コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-01-31 14:47

<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市瑞穂区)製の湯沸かし器で一酸化炭素(CO)中毒死した男女2人の遺族が、同社と販売元の東邦ガス(同市熱田区)を相手取り、総額約1億6200万円の損害賠償を求めた訴訟は29日、名古屋地裁(長谷川恭弘裁判長)で和解が成立した。両社が原告遺族に8600万円を支払うとともに、新聞や雑誌の広告などを通じた危険発生防止の周知や再発防止策を講じるという内容。

 パロマ社製の湯沸かし器を巡ってはCO中毒事故が多発し、経済産業省が06年8月、7機種の欠陥を認定し、点検・回収を同社に命じている。原告弁護団によると、命令以降、被害者遺族らによる同社に対する損害賠償訴訟が4件起こされている。今回は7機種以外の事故だったが、訴訟で和解が成立したのは初めてという。

 和解条項によると、東邦ガスが8000万円、パロマ工業が600万円を原告遺族に支払う。また、両社が事故の原因となった半密閉式自然排気式湯沸かし器の使用に伴う危険発生防止を周知するほか、パロマ工業は安全な製品の開発・製造に努める。排気筒の設置方法に瑕疵(かし)があったとして、ガス事業者の責任を重く見た。

 訴訟は、岐阜市のアパートで89年9月、住んでいた調理師見習の少年(当時17歳)と友人の高校生の少女(同16歳)が中毒死しているのが見つかった。室内に作動中のパロマ製湯沸かし器があったとして、遺族が07年4月、同社と販売元の東邦ガスを提訴していた。原告側は「製品は不完全燃焼防止装置が付いていない欠陥で、死亡事故発生の危険性を予見できたのに有効な対策をとらなかった」などと主張していた。

 パロマ工業製の湯沸かし器を巡っては、05年に東京都内の大学生2人が死傷したCO中毒事故で、同社の前社長と元品質管理部長の2人が07年12月、業務上過失致死罪で在宅起訴され、現在東京地裁で公判中。2人は「事故は予測できなかった」などと無罪を主張している。【式守克史、山口知】

【関連ニュース】
男女死亡:明治神宮近くの車内で…露天商夫婦?CO中毒か
CO中毒事故:パロマ元社長ら無罪主張し結審
パロマ湯沸かし器事故:訴訟が結審 元社長ら無罪主張−−東京地裁
美祢のCO中毒事故:再発防止へ報告書 警報機設置など提言−−経産省検討委 /山口
一酸化炭素中毒死:車内で除雪作業員 排気口に雪、排ガス逆流か−−妙高 /新潟

成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
政治献金→融資→個人資金…小沢氏の説明転々(読売新聞)
「新しい公共」へ円卓会議=あす初会合−平野官房長官(時事通信)
<練習船沈没事故>漁船船長位置に気付かず 運輸安全委報告(毎日新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-01-30 00:40