関東甲信地方で2日未明にかけ雪=10〜30センチ、平野部でも−気象庁(時事通信)

 気象庁は1日、関東甲信地方の広い範囲で同日昼すぎから2日未明にかけ雪が降るとして、注意を呼び掛けた。日本の南海上にある前線上の低気圧が、発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過、関東地方南部の平野部でも雪が積もる見込みという。
 2日午前6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で山梨県が30センチ、長野県が20センチ、関東南部の平野部と北部が10センチ、箱根から東京・多摩、埼玉秩父地方にかけて15センチ。 

【関連ニュース】
元日にかけ大雪や暴風に警戒=強い冬型の気圧配置

昭和基地で越冬隊交代式(時事通信)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)
橋の補修中に足場ごと落下、2人死亡…熊本(読売新聞)
<群馬ヘリ事故>意思疎通不足などが原因 運輸安全委報告書(毎日新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-02-03 04:23
<< 濃霧でJR東海道線に遅れ(産経新聞) 福知山線遺族ら意見陳述申し入れ... >>