【相撲界野球賭博】時津風親方も賭博認める 警視庁聴取(産経新聞)

 大相撲の野球賭博問題で、時津風親方(元幕内時津海、本名・坂本正博)が警視庁組織犯罪対策3課の任意の事情聴取を受け、賭博への関与を認めていたことが18日、捜査関係者の話で分かった。時津風親方は日本相撲協会に対し、野球賭博へ関与したことを認める上申書も提出していたという。

 野球賭博は主に暴力団が胴元とされることから、警視庁は角界と暴力団の不透明な関係について実態解明を急ぐ。

 日本相撲協会が全協会員を対象とした賭博の実態調査では、計29人が野球賭博への関与を自己申告。協会は琴光喜関以外の力士らの名前は公表していないが、幕内の豊響関(本名・門元隆太)と豪栄道関(本名・沢井豪太郎)が自己申告していたことも新たに判明した。

 角界の野球賭博をめぐり、警視庁はこれまで、大関琴光喜関(本名・田宮啓司)、大嶽親方(元関脇貴闘力、本名・納谷忠茂)らから任意で事情聴取を行っており、ともに賭博への関与を認めている。また、賭博に絡んで琴光喜関から現金約300万円を脅し取ったとして、恐喝容疑で元暴力団組員とみられる男を立件する方針を固めている。

 警視庁の事情聴取を受けた時津風親方は、大嶽親方とともに、琴光喜関から賭博に絡む恐喝被害の相談を受けていたという。

【関連記事】
時津風親方、ギャンブル好きの横顔も 相撲界野球賭博
相撲協会あたふた 賭博調査に主体性なく
野球賭博汚染拡大 場所返上でウミ出し切れ
1人で5時間電話も…苦情や抗議、相撲協会に殺到
「大相撲は存亡の危機」鈴木文科副大臣 野球賭博問題で
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

配偶者控除、廃止先送りも=子ども手当据え置きなら―玄葉担当相(時事通信)
中退見落とし採用、でもOK…粋な青森の町役場(読売新聞)
ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
首相動静(6月15日)(時事通信)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-06-19 03:02
鳩山路線の継承強調 菅新代表の... >>