「すり寄りではない」子ども手当合意で公明幹事長(読売新聞)

 公明党の井上幹事長は12日の記者会見で、「子ども手当」「高校授業料無償化」の両法案について与党と修正で合意したことについて、「政党は政策実現に努力することが使命だ。積極的に提案し、政権が受け入れるのであれば、協力して実現することがあってしかるべきだ」と述べた。

 その上で、「(与党への)すり寄りとの批判はあたらない」と強調した。

 公明党は昨年の衆院選で、子ども手当などを批判した経緯がある。11日の党中央幹事会では、衆院選で落選した複数の前議員から「政策として不適切だ」「支持者にどう説明するのか」などと異論が続出。党本部にも、「100本以上の問い合わせの電話やメールがあった」(党関係者)という。

 今回の対応については、「参院選を考えたら、反対しづらい法案。賛成する理由作りに修正協議を持ちかけた」と「賛成ありき」だったことを認める声が党幹部からも出ている。

逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)
<トキ>襲撃対応を急きょ追加指示 首相(毎日新聞)
名護市で米軍車両が追突逃走、子供2人けが(読売新聞)
<掘り出しニュース>食べてもおいしい「キャベコン」登場(毎日新聞)
<朝鮮学校無償化>対象か除外か、基準とする省令が左右(毎日新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-03-19 15:00
<< 生方氏解任 閣僚から疑問の声 ... 「政界再編でなく自民再編」=民... >>