死亡事故起こした男性消防士を懲戒処分 東京消防庁(産経新聞)

 乗用車を運転中にミニバイクと接触して男性を死亡させたとして、東京消防庁は24日、神田消防署の男性消防士(29)を停職6月の懲戒処分とした。男性は同日、依願退職した。

 同庁によると、消防士は非番だった昨年6月12日午後1時20分ごろ、埼玉県越谷市内を乗用車で走行中、信号機のない市道交差点で、左から来たミニバイクと出合い頭に衝突し、乗っていた男性=当時(57)=を死亡させた。

 消防士は自動車運転過失傷害の現行犯で埼玉県警に逮捕された後、同致死罪で起訴され、さいたま地裁で公判中。

 神田消防署の鈴木和雄署長は「私生活を含めた職員の教育、指導を徹底し、再発防止に努めてまいります」とコメントした。

【関連記事】
ナゼ?陸自隊員の口に爆薬入れる 22人が急性薬物中毒に
8億円横領し愛人と逃避行…三洋電機社員の行く末
政治家、選手、芸能人…有名人の酒乱列伝
消費者金融へ借金…三菱UFJ証券社員の手口と人物像
“行列弁護士”バッジ紛失1年以上も隠していた!

小林秀雄の未発表音源みつかる 『本居宣長』への執筆意欲語る(産経新聞)
一括交付金化で地方補助金削減も=菅財務相(時事通信)
タケノコ産地偽装でまた逮捕=京都市の食品会社社長−府警(時事通信)
<児童ポルノ>警察庁が被害者への支援研修会(毎日新聞)
県産米粉を使ったパンを販売=熊本〔地域〕(時事通信)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-03-02 19:46
<< 3月に女性の健康習慣イベント―... <詐欺>弁護士を逮捕…接見回数... >>