インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る−感染研(時事通信)

 8日から14日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり2.81人で、3週連続で減少したことが19日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。佐賀を除く46都道府県で前週より減少し、すべての都道府県で流行の注意報レベルの目安となる「10」を下回った。
 1週間の受診患者は推計約15万人で、ほとんどが新型とみられる。昨夏以降の累計は約2043万人。 

【関連ニュース】
インフル脳症、285人届け出=例年の5〜8倍
インフル患者、さらに減少=週推計22万人
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向

「いないいないばあ」 絵本画家の瀬川康男氏死去(産経新聞)
長岡宮跡で甲冑部品、歴代の皇族コレクション?(読売新聞)
首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
<医療事故>投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山(毎日新聞)
[PR]
by bv2o1pwu8a | 2010-02-26 02:49
<< 敦賀原発1号機の40年超運転、... <警察庁>国際犯罪に対策室設置... >>